RSS

名古屋フンタ会 2016.01 ボードゲーム会

名古屋フンタ会では1/30にボードゲーム会を開催しました。

開始時点では運営以外に参加者がいなくてみんなのんびりしているなあと思ったけど最終的には16人の参加者がありました。大体3卓態勢でやっていました。今回はフンタは無し。重いゲームと軽いゲームを混ぜながらうまく参加者を混ぜるようには努力しましたが一度も一緒にやらなかった人がいたなあ…。

以下自分がやったゲームの感想など。

  • manialsz…一種の動物のカルタ。肉食だとか足が4本だかの特徴がお題で動物のかかれたカードを集める。小学生の理科の勉強になる。
  • スパイフォール…経験の差がかなり出るのがねえ…。スパイやってて初プレイの人が何げなく答えたことで場所がわかってしまうんだよなあ…。
  • Sheriff of Nottingham…保安官が異常に厳しくてゲーム終了時に持ち込んだ禁制品が2枚だけという。お互いに潰し合いがひどい展開だった。つか尋問する前に荷物見せろとか言うなよ(笑)。
  • Coup…拡張とかいれずに普通にやってそのあとReformation拡張。
  • Quo Vadis?…一位になれたけど戦略難しいよね。どこから行くのがいいのかさっぱりわからない。
  • Intrigue…初めて一位になれた。3周目にはだんだん話をしてくれる人が減るのである。自分から特に要求も出さないけど賄賂も出さないケチケチ路線で言った。先頭プレイヤーは不利なのかどうか。
  • One Night Revolution…かなりやりこむ。ワンナイト人狼ほど定石というものが固まらない。滅茶苦茶難しい。