RSS

生涯学習センターの営利の基準についての問い合わせ結果

10月より生涯学習センターが営利目的の場合は使用料金が2.5倍になるということでその基準を聞いてみた。

名古屋市の生涯学習の担当の方に電話で問い合わせました。

  • 当日の参加者に割り勘で負担させたら営利扱い
  • 基本的に何らかの形で当日の参加に対してお金を徴収したら営利扱い
  • 例外的に学習グループを作って(継続的活動のための)月会費のような形で負担するのなら営利とはみなさない

ということでボードゲーム会で使用するのはかなり厳しい状況のようです。

その2に続きます。