RSS

徳山(赤谷〜イチン谷遡行)

今年最初の沢登り。よく考えたら沢登りは3ヶ月しかやらないんだよね。さて、今年はどこに行くのやら。

前日の夜1時に出発。今回は隊長と二人。沢登りのリハビリがテーマ、となりました。徳山ダムの近くに車を停めていつものようにテントで寝る。蚊が入ってきてしばらくおいかけまわす面倒なことに…。

7時半起床。テントの中で着替え…あれ?タイツがない。どう荷物をひっくり返しても見当らない。家に忘れてきていた。原因はさておき、下はアンダーウェアしかないという残念な話に。まあスパッツとハーフパンツがあるからあとは木や岩に当たらなければ問題はないで乗り切ることにした。

さて9時前に入渓。最初に水につかった瞬間はちょっと冷たく感じるが、すぐに慣れる。赤谷をしばらく進む。川幅は結構広く、水深も結構浅い。うーん、沢の歩き方を忘れている。足運びとかをちょっと考えながら歩く。体重のかけかたとか足を置く位置とか。しばらく歩いているうちになんとくなく思い出してきた。ただ両手でバランスを取りながらの歩き方がヒゲダンスとか言われてしまう。

前方を歩いていた釣り師がイチン谷出会で赤谷のほうを歩いていったので、こちらはイチン谷のほうを歩く。こちらはぐっと狭くなり3mぐらいの川幅で少し流れが急。と言っても落ち込みが連続するようなところはほとんどない。相変わらず沢の中をジャブジャブ歩いていく感じ。

時々雪の大きな塊が残っているのを見る。しばらく進むと5mぐらいの滝に遭遇。ここは右岸を巻いていく。泥の斜面で不安定な足場だがありがたいことにお助けロープがあるので割と簡単に登れた。

登ってからも特に変わらぬ調子。枝沢との出会。あの滝を登るのは大変だろうなあ…。そっちには行かずにまた歩いていく。多分次の出会との真ん中あたりで終了することにした。この時点で3時間半ぐらい経過。昼御飯を食べて下行。

下りは楽なんだが恐いところはある。50cm登るのは簡単だが下りるのは難しい。少し調子が出てきたので少し勢いをつけて下ってみた。結構調子良く下れたが、スピードを上げるとときどきミスが出て足を滑らしそうになる。

さて、滝の下り。やはりロープを頼りにしながら足を慎重に運ぶ。横向きで少しずつ下る。まあ、なんとか下れた。

あとは特に何もなく下っていく。沢から上がってからずっこけるとか変なことをやっていたが特におかしなことにもならずに今回は終了。割と楽なところだった。普通の人が来ても水遊び程度なら丁度いいかなあというところ。

さて次回はちょっと大変なことをやるのでその準備として丁度よかったかなというところでまとめる。