RSS

アジア大会 決勝戦

優勝。

アジア大会は見事に優勝という結果。

見事な堅守速攻チームになっていた。先制したあとのUAEの攻勢の時間帯、4人を2列にならべて見事に守備ブロックを作っていた。これはイラン戦の反省がうまくいったというところだろうか。ある程度サイドは捨てても中央を固める守備がうまく機能していた。ボールは渡してもゲームは渡さないって新たな境地を拓いたんじゃないかな?

全体に見ると基礎技術のすさまじい向上が見られる。一部の強豪国でしか見られなかった強いパスをワントラップでコントロールして前を向く、普通にみんながやっていた。技術に自信があるから狭い中でボールを回しても失わない。ただそれに頼りすぎていた感があるが…。守備面にしても体をぶつけて奪いにいくというのが確実にできていた。

さすがに完成度という点でしょうがない面もある。ドリブルとショートの自信はあるのだろうが逆に大きな展開を構成する力がまだない。選手もあるのだろうけど…。次の課題。

それにしても日本のレベル向上を感じた大会であった。終了間際のえげつない交代とかダラダラ時間稼ぎプレーとか最高。

あ、忘れていた。布・牧内って?