RSS

ツールドジャパン西湖ステージ

Bクラス 45位 45:00.855(+15)

とにかく滅茶苦茶寒かったんですよ。スタートしたのが14:24だったけど気温が9度。朝から寒かった。
でも、晴天だったのでよかったですよ。富士山が綺麗に見えて。朝、宿の窓から富士山が正面から見えて…とてもいい宿だったな。

やることがなかったので、会場にも入らずにうろうろしていたけど、2年前にヒルクライムで来たときに一度走ったことがあるのでちょっと懐しかったかな。主要な道路には見覚えが当然あったから…。

本栖湖に行ったけど、前回は雲がかかって見えなかった富士山がきれいに見えた。写真を取るための人が一杯いたけど。もう、季節が冬だから空気の透明感が感じられた。

レースレポート

前日は雨だったので試走もせずに本番に臨むこととなってしまったんだけど…。コースは一周10kmを3周。高低差は15m程度かな。長い登りもなく。100mが2箇所ぐらいか。北側の道路から曲がるところと、ゴール前。ゴール前の登りが勝負なるだろうなと思ったらやっぱりか。結局最初から最後まで50人の集団がAve. 40km/hで突っ走るレースとなりました。

初めてのコースになるので不安なところがあったが、ま、集団についていこうと。千切れることが心配だったけど、1周走ってみて、ああ、平地なんだなあということがわかって大丈夫かと思った。坂道の場所を確認して、これは勝負所が3周目でスプリントだけなんだろうな、位置取り重要かと考えながら2周目へ。

2周目はいよいよ後方へ。前に出る気なし。中途半端に出ても意味ないもん。時々集団のスピードが落ちる瞬間があって、前は頑張っているのになあと、どうも向かい風らしい。後は楽なんだけど。HRが160台まで落ちているぐらい。なんだよ、これじゃサイクリングだよと思いながらも、足が残ってくれるのはありがたい。

3周目。ここで位置取りが重要なんだよと。前半で前に出る。というか前に出すぎて集団を引く形に。おいおい。でも、次のカーブで妙なことになるといけないから前に出て正解だった。曲がってからはちょっと下がる形だったかな。最後を向かえて集団の空気が変わる。ペースが上がるような感覚。

そして最後のカーブ。登りで勢いが増す中、前に出ると、2番手だった。逃げるやつにピッタリくっついて追い掛ける。だけどなー、後のほうから罵声が聞こえてくるんだよなー。内容はよくわからんがどうも位置取りを巡ってのものらしい。実に恐い。このまま逃げられたら最後スプリントでという考えがよぎったが…、世の中そんなに甘くない。左右から列車が見えてきて。やっぱりここでいっぱいいっぱいなんだよね。ここで一人でアタックをかけられるほどの足が残っていれば勝てるのだろうけど、そんな足がないのでずるずると下がることに。そのうち、後から来た奴に体をぶつけられて失速。落車しそうになったぐらいだからよかったのか。

一度失速してからじゃ遅れを取り戻すことなんかはもちろん無理で、ちょっと遅れてゴール。
結果は仕方がない。ちょっと早かったかもしれないが作戦通りのレースをやってみたんだから。
悪くはなかったと思う。ただ作戦を生かすだけの脚力はなかった。

ここまで来てマスドレースにきちんと展開が組めるところまで来たかな。4月の木曽三川公園のへろへろっぷりから考えると進歩したな。次は12月にまた木曽三川公園でのCリーグ最終戦。前に出られるように頑張ろう。