RSS

種子島旅行記(3日目)

今日は打ち上げ。

打ち上げ前の姿を見たいが10:47には道路が閉鎖されてしまう。ということで6時半に出発。歩いていくと2時間かかる…。朝には発射台にはなかったロケットが移動していた。7時過ぎに移動させていたのか。

普通にロケットがあったのでなんとなく普通だなあという感想であった。写真を撮って、科学館への道を取る。休みなのはわかっていたが、途中でいろいろ写真を取るためである。だんだんと日差しが出てくると暑くなってきた。名古屋とは違うがやはり暑い。

茎永でどうするか迷ったが、結局そのまま帰ることにした。温泉に入って買い物して、図書館でPC作業。南種子の図書館では無線LANが使えるので便利である。

そしてテントに戻る…。

宇宙ヶ丘公園には人が続々と集まってきている。地の利を生かしてさっさと席取りをする。1時間以上待っていたが平気だ。場内に流れるJAXAの中継放送の音声。やがて30分を切り10分、カウントダウンが始まる。3分前には公園の電気も消される。

リフトオフ。ああ、去年見たような光景。だが違うのは雲に消えないこと。光の塊がゆっくりと上昇していく。そのままずっと上がるのではなく、ある高さにとどまり、だんだんとその光が小さくなっていく。どの星よりも明るい星が現れたような光景。SRB-Aの分離、フェアリング分離のアナウンス。だが光に変化はない。だんだんとその高度が低くなる。第一段燃焼終了のアナウンス。その瞬間光が消える。第二段の燃焼が開始されるがその炎は見えない。

そのあとは会場のモニタに移動。ときどき表示される現在位置。第二段の一回目の燃焼終了。二回目の燃焼開始。そして、みちびきが分離される映像が届く。そこで拍手をする。無事、打ち上げ成功。夜の打ち上げ、そして、去年とは違う星空の元の打ち上げ、いい打ち上げだった。

ちょっと話題変わってソフトバンクさん、会場でメールの遅延がひどいんですけど。困るんですけど。どれぐらいの人が使っていたのやら…。