RSS

日々のメモ書き

Debian Developerが綴るメモ

sshguard

sshguard - Protects networked hosts from the today's widespread

sshに対してうっとうしいアタックを叩き落とすためのもの。logを監視して変なアクセスを遮断する。Linuxならnetfilterと連携する。

Collective SVN report

2007-10-14

  • r51135 slideshowfolder - 1.1
  • r51153 eXtremeManagement - 1.5
  • r51218 PolicyTestCase - initial import
  • 51223 PlonePopoll - 2.6.1
  • r51228 example - This contains examples of a number of different types of tests.
  • r51249 BernArticle - Plone 3 compatibility branch
  • r51218 KupuFormlibWidget
  • r51336 eXtremeManagement - joris-graphs branch

Plone SVN report

2007-10-14

  • r17538 3.0.2
  • r17565 plone.app.blob
  • r17582 plone.commenting - the home for the non-plone dependant part of plone's new commenting framework

imapfilter

imapfilter - filter mail in your IMAP account

メールをIMAPサーバー上で整理してくれるツールを捜していたらみつかった。Luaで書かれていて、設定ファイルもLuaだったのでLuaの勉強を開始。まあ、それなりに整理ができるようになった。いままでprocmailでやっていたことが大体できるようになったかな。MLの整理が問題であったのだが、ごにょごにょ関数を書いてできるようになりました。

function match_ml(account, field, contain, match_reg, path_base, m_t)
result = account1.INBOX:contain_field(field, contain)
messages = account1.INBOX:fetch_fields({field},result)
if messages then
for msgid, msgtxt in pairs(messages) do
success, capture = regex_search('^'..field..': '.. match_reg, msgtxt)
if success then
folder = path_base .. capture
if not m_t[folder] then
m_t[folder] = {}
end
m_t[folder][msgid] = true
end
end
end
end

--
-- main
--

m_t = {}
-- debian
match_ml(account1, 'X-Mailing-List', '@lists.debian.org',
'<([^@]+)', "tmp.debian.", m_t)
match_ml(account1, 'Recent-From', '@lists.debian.org',
'<([^@]+)', "tmp.debian.", m_t)
match_ml(account1, 'Recent-To', '@lists.debian.org',
'<([^@]+)', "tmp.debian.", m_t)
-- fml
match_ml(account1, 'X-ML-Name', '', '([a-zA-Z0-9_-]+)',"tmp.misc-ml.", m_t)
-- mailman
match_ml(account1, 'X-BeenThere', '', '([^@]+)',"tmp.misc-ml.", m_t)
-- google
match_ml(account1, 'X-Apparently-To', '', '([^@]+)',"tmp.misc-ml.", m_t)

for folder, result in pairs(m_t) do
account1.INBOX:move_messages(account1[folder], result)
-- account1.INBOX:unmark_seen(result)
end

苦労したのは附属のサンプルが間違っていたこと。Webサイトのほうは更新されていてドキュメントの通りにやったら動いた。table.insert(result,msgid)とやっては駄目。result[msgid] = trueとやる。

Collective SVN report

2007-10-08

  • r50550 oi.plum - SCRUM  project management for Plone
  • r50576 BernArticle - Plone 3 compatibility branch
  • r50603 Vaporisation - (formlib sample? portlets?)
  • r50680 slideshofolder -  We now have the ability to designate folders as "Slideshow Folders" regardless of their content.
  • r50831 PloneHelpCenter - 1.0

WINDS命名

超高速インターネット衛星WINDSがきずなと命名される。

今さらどうするねんという気がする衛星となってしまった感はあるが。WINDSを使った研究テーマの募集は4年前に聞いた。あのころなら意味があったのだろうけど、今さらどうするよ?大型アンテナで1.2Gbらしいが、そんだけですかという気もするし。衛星のスイッチング容量はどれぐらいあんだろ。民生用は4年で10倍の容量になったと思うぞ。宇宙用は民生用より遅れていて、さらに時間もたった。悲観的になる。

mysql grant and revoke

grantとrevokeの使い方をよく忘れるのでメモ。

  • revoke all privileges on * from 'root'@'192.168.1.1';
  • grant all privileges on *.* to  'root'@'192.168.1.1' identified by  'hogehogehoge';

名古屋市の都市計画

突然名古屋市の都市計画を調べだす。

と言っても道路の計画なんだが。名古屋市のウェブサイトから調べてみるとPDFの資料があった。それを眺めてみると、あの変な道路はなんだと悩んでいたところが、難航していた計画の一部だということがわかる。ここに道路が通ればスムーズになるのにと思ったところはきちんと計画があった。ただ全然進んでないだけで。勉強になった。

http://www.city.nagoya.jp/jigyou/kenchiku/gairo/nagoya00037761.html

djangoのView・お悩み中

djangoのModelとViewの関係について悩む。

  1. あるモデルを書く
  2. 表示するときにテンプレートでModelのデータから演算すると見通しが悪くなる場合がある。
  3. データの操作をしたくても、そもそもdjangoのtemplateの能力は貧弱(ZPTに比べて)
  4. なのでview.pyに書く。
  5. とは言え共通する操作が出てくる。
  6. DRYの原則によりまとめたほうがいい。
  7. でもまとめたメソッドはviewに書くとtemplateから呼び出せない
  8. TheModelのインスタンスメソッドとしてget_hoge(self)・get_calculate_bar(self)が増殖
  9. いいのかこれで。
  10. この議論は合っているのかな。
  11. TheModelに対応したTheModelViewというクラスを作ればいいのか?
  12. カスタムタグの話に行けばいいのか?
  13. お悩み中。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 >