RSS

日々のメモ書き

Debian Developerが綴るメモ

広見林道

猿投山を八草から藤岡に抜ける林道。

広見林道とMTBで走って(押して)きた。愛工大から登っていく道は知っていたし、猿投神社からの道をぐるっと回ってきたこともあった。間をつないでいる道があるのは地図からわかっていたが長い間機会がなかった。あんなところを走るより長距離のトレーニングばかりしてきたからで、最近は長距離を走ってない時期なのでちょうどいいかと思って走ってきた。

グリーンロードの藤岡のICからちょっと北に上がったところから小道を入り上がっていく。5kmぐらい登ったところで林道の入口に到着。ここから虫が多い。ブヨぶんぶん飛びまわり、アブまでぐるぐる回りだす。スズメバチじゃないぶんだけましというところだろうが。

林道からはMTBを下りて押して歩く。残念ながら自分のMTBは街乗り仕様なのでタイヤも細いしサスもない。トライアルのような登り方はできない。ずーと押して歩く。自転車があると邪魔な部分もあるが杖代わりになって体をささえることもできるので歩きやすい部分もある。

歩いているとずーと虫が追い掛けてくる。カメラを出していると非常にうっとうしいことになるのであんまり写真を取れない。アブはしつこく歩いているのに体に取り付く。しまいにはレーサーパンツの上から刺してきた。さすがにそこまでは予想してなかった。太股を3箇所ぐらい刺されてしまう。

林道の最初の分岐点を左に。テープはあるのだが分岐の真ん中に下がっているといいうのはどういう意味だろう…。ちなみに右の道に行くと道が沢に変わってしまいます。しばらく行って岩がごろごろころがっているあたりで人の声がする。4輪やら2輪やらで頑張っている集団がいた。車の連中は一部が外に出てコースを指示しながら登ろうとしていた。よくもまああんなところを登れるもんだ。

全体に林道の崩壊はひどい。雨で削れて溝になっている。へこむとかいうレベルじゃなくて背丈よりも削れている。岩が残っているととんでもない段差になっていたり。溝に小岩がごろごろってこれは沢の痕跡にしか見えないんですけど。縁石のようなものがあるけど、これから考えるとどんだけ下がってだと。水を通すための配管がむきだしになっていたり。

この林道は使う人いないのかと思いきや木を伐採した痕跡もあるので誰かが入っているのだろうが…。

そんなこんなで登っていくとやがてはピークを越えて下りに。幸いなことにこの道は一本調子で登ったり下りたりということがないのでその点は楽である。ところどころ登山道らしい分岐点があるが、MTBかついでごちゃごちゃやらないのでながめるだけ。やぶこぎはやりません。

下りに入ったあたりから虫がいなくなる。沢がないから?そんなスピードを出すわけでもないが丁寧に下っていく。おかしな段差とかもあるけど…。部分的に舗装がされていたりするんだけど何のつもりだろう?やがて大穴が…。ここではオフロードバイク4台の集団がいた。路肩の狭いスペースをMTBを押して歩く。なんでこんな大穴が空いたんだろう…。

しばらく行くと左手にもうひとつの林道が出てきた。こっちの林道もどういう加減なんだろうと気になるところだが、やがて合流。ここには車止めらしきものがある。そのままちょっと行くと林道の終点。猿投温泉の立ち入り禁止の看板があるところだ。そこからは普通の舗装道路に戻って愛工大のほうに抜けていく道となる。

自分のMTBはオフロード仕様ではないのでらしい乗り方はできずにただ通ってきただけだがまあまあ面白いところだった。いろいろ登山道の分岐もあるので…探検するのも面白いところかもしれない。

debugモードでzodbの書き換え

Ploneで各オブジェクトの議論の許可を一斉変更しようとしたときのテストのメモ。

プロダクトのインストールスクリプトの中でやるのがいいのだろうが面倒なのでZopeをデバッグモードで起動させてそこで書き換えた。そんな難しいわけでもない。

$ ./bin/plonectl debug
instance: Starting debugger (the name "app" is bound to the top-level Zope object)
>>> from Products.CMFCore.utils import getToolByName
>>> catalog = getToolByName(app.Plone, 'portal_catalog')
>>> es = catalog(portal_type='Document', path='/Plone/blog') 
>>> len(es)
1
>>> o = es[0].getObject()
>>> o.allow_discussion
False
>>> o.allow_discussion = True
>>> import transaction
>>> transaction.commit()

こんな感じ。

Pyramid事始

ながらくほったらかしにしていたPyramidで遊んでみることにする。まずはチュートリアルをながめながらやっていく。サンプルのgoodbye worldをdirectiveに書き直してみた。

from pyramid.config import Configurator
from pyramid.response import Response
from pyramid.view import view_config
from paste.httpserver import serve

@view_config()
def hello_world(request):
    return Response('Hello world!')

@view_config(name='goodbye')
def goodbye_world(request):
    return Response('Goodbye world!')

if __name__ == '__main__':
    config = Configurator()
    config.scan()
    app = config.make_wsgi_app()
    serve(app, host='0.0.0.0')

という感じになる。ここらへんは眺めただけでクリア。

ソース管理のgit移行

途中の議論に気付いてなかったのだがDebian Perl Groupがソースの管理をsubversionからgitに移行した。どうにもならないsvnを捨ててくれたのは非常にありがたい。それと同時にgitを使うチームからワークフローの集積をしようというような動きが出ている。各チームごとにgitでのソース管理の説明を持っていて微妙に内容が違うということがあったのでこの動きはわかりやすくなっていい。

手元にあるのはPython関係がまだsvnなのでこれも移行してくれないかなあ…。MLでそのような話を見たような気がしないでもないが。

viewletとかportletを作る

このサイトの表示のカスタマイズは非常に手抜きをしていたがきちんとPloneの流儀にしたがったやりかたに変更した。表示のパーツをviewletを定義してポートレットも自分で作成した。なかなかドキュメントがろくにないので苦労したがきちんと動くようにできた。みかけは全然変わってないと思いますが。

もうちょっといろいろ動くようになったらドキュメントをまとめよう。

キャラバン・飯豊(商品レビュー)

2年余り使っていた沢靴を引退させることにした。アッパーが破れてきて使い物にならなくなってしまった。縫製してあるところが切れていたのだが放置していたら、三日の沢歩きで一気に破れてしまった。

最初に買った靴だがどうにもダメな靴だった。横幅が広すぎて全然合わない。靴紐をどんだけ締めても横が緩いために足が前後にずれて踏ん張りが効かないサッパリな靴だった。下りでは親指がつっこんで痛くなるし。

それにしても縫製があっさりダメになるとは出来が悪い。一緒に沢に行った人でキャラバンを持っていた人もあっさりと同じところからやぶれてしまって使い物にならなくなっていた。どうも製品の耐久性と信頼性に欠ける。

PerlでGTK+

似たようなことばっかりやっていても勉強にならんか。

  • クラスの書き方なんて忘れていた。継承なんかもっと忘れていた。
  • enumがないので単なるグローバル変数ということにしてみたがエラーの検出にはあまり優しくない。
  • コールバックを直接subで書けるのはわかりやすい。
  • 意外にはまるところがなかった。
  • perl at master from takaki/gsvolley - GitHub

御在所・中道

急遽御在所に登ることになった。今回は中道登山道。一緒に登る人の同伴者みたいな気楽な立場なのでビバーク用の最低限の荷物だけでほぼ空荷の登山だった。

そんな状態なのであんまり楽しても駄目だと思ったので、今回はストックを使わない・固定ロープは使わないということを決めて登った。まあその程度のことではやっぱり非常に楽な登山。適当に登っていたが息も上がることもなく、さっささっさと登っていった。こんな楽な山登りってかつてあっただろうか?

負ばれ岩・地蔵岩などの観光名所を過ぎて、キレットに到着。ここだけはちょっと慎重に…とは言うもののここも鎖に一切頼らず丁寧に手をつきながら下りていくだけであった。ひどい状況で鍛えられていると楽勝ですな。スズメバチらしきものが周りを飛び回っているほうがよっぽど心配になる。

稜線から右側を見下ろすと藤内沢が目に入る。あんな下にあるということは三ルンゼを登ったときはどんだけ急登だったんだと思う。遠くのほうに岩壁を登っているロッククライマーが見えた。

下山も中道だった。裏道よりは気を使う。しかし微妙な登山靴で足が痛くなってくるのがよくない。この靴はいろいろ考えないといけないなあ…。最後の最後で見た記憶がない階段が登場。あれ?たしかにその手前で道が別れていたが。二人とも登りでこんな階段見た記憶がないのんだが…。二人とも呆けたかという話をしていた。どこにコース選択があったのだろう。変なところで釈然としないものが残った山行であった。

RubyでGTK+

相変わらず同じネタで頑張ってます。久しぶりにRubyをひっぱりだしてみる。

  • ドキュメントが全体に不足。
  • Cairo::Contextの作り方が他からサンプル探してくるのが面倒。こういうわかってしまえば単純な話を調べるのが面倒。
  • Gdk::Keyval::GDK_*のドキュメントがダメ。GDK_a じゃなくて GDK_KEY_aになっている。これはGTK+側の3.0に向けた変更だがドキュメントが追随できてない。
  • ローカル変数とインスタンス変数の打ち間違いでバグ発生。@を付けるの忘れるなあ…。いまいち好かん。
  • コールバックをblockで書くやりかたは面白い。
  • ruby at master from takaki/gsvolley - GitHub

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 >