RSS

日々のメモ書き

Debian Developerが綴るメモ

御在所・藤内沢

人のお尻について行っても学べない。

今度の月曜に雪が降りそうだから行ってこい、と最近勢いだけで山行が決まるなあと、御在所の藤内沢(三ルンゼ)を登りに行った。去年の2月に上から三ルンゼを下るということをやったが、はたして登るのは…。

名古屋駅からバスに乗る。御在所SAあたりで山が見えてきてすっかり雪化粧。やがて湯の山温泉に到着。

ストック・スパッツなどを準備して裏道を登り始める。大体10時ぐらいに出発。天気は晴れ。日差しがまぶしい。一合目への近道をさがすが案内がわかりにくい。

アイゼンはまだ不要と思ってしばらくつけずに歩く。ちょっと歩くの苦労する。沢靴で足の裏がすべるのに似た感覚だった。道路の下をくぐる。直接上がる道もあったはずなんだけどどこだろう?結局春に登ったときと同じ道をたどる。上に登って作業道路に合流。足跡は作業道路のほうが多い。撒き道を普通に歩いていく。七の渡しは雪が真ん中が盛り上がっていてちょっとあぶなかった。1時間ぐらいで藤内小屋通過。ここで一気に景色が開ける。そのまま兎の耳のところで左岸に渡り登っていく。そのまま沢の中を歩いていった足跡も残っていたが…。だんだん雪が深くなっていくが、踏み跡がしっかりしているので特に問題はない。やがて五合目の看板を通りすぎると間も無く藤内壁出会に到着。11時半ぐらい。荷物が軽いのに結構息が上がるなあと思ったが結局息が上がるまでペースを上げてるのだった。

ここで昼御飯のパンを食べて休憩。その後に、アイゼンの装着、ストックからピッケルに持ち替えるなど装備を準備。ちょうどこのあたりで裏道から下山してきた人が通る。胸までラッセルで途中で引き返してきたなどと話していた。

12時前に藤内沢に踏み入れる。昨日の多分結構人が入ったのだろうが、ラッセルの跡は痕跡がわかる程度まで雪に埋まっていた。去年は出会の辺りには雪がほとんどなかったら全然違う景色である。雪にすっかり埋まっているのでラッセルで進む。このあたりは膝までかなあ…。ピッケルを刺しては一・二としばらく進み‥前尾根を右側に沿いながら登っていく。とすぐに藤内滝。ま、あれは登れない。左からの撒き道。なんとなく記憶にある風景。ちょっと登って、岩に挟まれた狭い隙間を這い上がる。枝やらピッケルやら駆使して体を押し上げる。なんとか乗り越えると幅の狭い道。慎重に進む。すべり落ちても死なないかな…。下には下る足跡。あのまま滝を下りた人がいるのかな?やがて道が合流。

前回前尾根とか説明してもらってもさっぱり記憶にのこってないが一人で登るとなるとやはり違う。時々地図をみながら場所を確認する。大きな氷柱が見えて、増井さんのページに載っていたやつかな、と確認。 P5のフランケ付近を通過。その前にためしにピッケルを打ち込んでみたが…。固くてそう簡単に削れるものではない。こんな氷柱があったらどうやって登るんだ?

分かれ道が来て、多分左が二ルンゼ。こっちには行くなということだからとそのまま直進。コーモリ滝は撒いた記憶がない。多分雪で埋まってしまっていたのだろう。ちょっとこのあたりで粉雪が舞っていた。サングラスつけていると視界が滅茶苦茶になって見にくい。さすがに凍るところまではいかないが。日差しが見えているわけではないから大丈夫かなともうサングラスを外してしまう。

次の分かれ道。13時半前。左側が大きく開けていて人の痕跡は左に続いている。右なんだよねとよく確認せずに右側を登る。人の行った痕跡がまるでない。どんどん勾配が急になり胸までのラッセルとなった。このあたりになるとラッセルも学習してきて、ピッケルで雪かきをして、膝でおしつけて、踏み込むというのがわかってきた。それでも一歩で5cmしか進まないんじゃないかという感じだ。さっぱり進まんなあと思いつつも進んでいるので頑張って続ける。

しかし、ほんとに進まない。垂直な岩に雪がかぶっているだけのところがあり、蹴り込んだら岩が出てくるともう登れない。もっともっと深い雪ならねとか思う。そこはトラバースしてちょっとずれたところを登ったり、枝とかあるとなんとか支えにして足に体重をかけないようにと登る。どんどん時間が経っていくのが気にかかる。上のほうが見えるがこのペースだと辿りつくのはいつ?それとなんとなく現在地に疑念が出てくる。こんな景色は去年見たっけ?14時も過ぎ、これは自力下山は微妙になってきたし、ロープウェーも大丈夫かと心配になってきた。最悪ツェルトでビバーク?えー。このまま引き返すとすると…雪が深いからそんなに苦労はしないだろう、撒き道だけは気をつけないとな…と判断。樹氷の写真は撮りたかったんだけどなあとか。ただ、さっきの分かれ道が気になる。一度見るだけ見てみるかな…とか考える。そして地図を見直す。さて、左にある尾根は一体、さらに向こうに見える尾根は。地図にあるスケッチを見ると奥の尾根は奥又につながっているように見える。ということは…すぐ左側の尾根はヤグラ尾根?現在地はヤグラ沢?なんとなくそんな気がする…。下りるのは簡単だけど登り返しはとても大変なのがわかるから頑張ってみたけれど。

ちょうどどうにもこうにも登れない箇所に遭遇。下降開始。もし判断が間違っていたらそのまま下山、だが、多分この判断は正しいだろうなあと思いつつ。傾斜がきついので前は向けないが、一歩下ると雪がどんどん沈みこむので下るページは早い。万が一ひっくり帰っても雪に埋もれるくらいかなあ…。尾根が雪に埋まるところまで来たらトラバース。ラッセルの痕跡に立つと雪の固さが全然違う。ちょっと前進して風景を見ると…。うーん、なんか見覚えがある。あれ三ルンゼだよね。無駄なラッセルに1時間消費していた…。右のほうにずっと行くと裏道のほうに出ちゃうんだろうから左のほうへと進む。

ロープウェーが終わるまでにたどりつかないと面倒だよなあ、山上公園でビバークってものすごいみっともないじゃんとか思って頑張って登る。なんか上のほうから奇声が聞こえてきた。なんだこりゃ、なんの動物だよと思っていたら日本語も聞こえてきた。しばらくするとシリセードをしながら騒いで3人組が下りてきた。三ルンゼですよねということを確認してすれ違い、また登る。

ああ、あともうちょっと。もうちょっととは言うもののラッセルがきつい。ちょっと雪が浅くなってきたのでかえって登りにくい感じもする。ところどころ氷が発達していて気にかけながら登る。なんか踏み抜いたみたいで足元からバリバリという音も出たり。あれがジャンダルムかな〜などと地形を確認しながら登る。繁みを右側から登る。最後の最後がきつい。なんかロープウェーの放送が聞こえてきたぞ。もうちょい。と、鉄柵が見えた、人工物を見てこの嬉しさよ。しかしなんで右側からまわりこんでるの?登ったところでもう一度柵を越えて確認。たしか以前は右へと下りたはずだよなあ…。遠回りしたか…。

公園の小径は完全にアイスバーン。アイゼンの感覚が違う。そして公園には人気がしない。歩いている人はスタッフばかりのようだ。というかスタッフも下山開始しているぞ。到着した時点で16時。ロープウェーの最終が20分。うひー。急いでアイゼンを外して切符を買って、おっと記念撮影、ドタバタしながら荷物をまとめてロープウェーに乗り込む。なんか風景を見る気もせんなあとしばらくして下に到着。なんとかかんとか無事終了。

まとめ。今回は本格的なラッセルをした…というのは普通に学べたこと。それよりも人のお尻みながら行っても判断力などの勉強にはならないという認識のほうが重要。前回に三ルンゼ下ったときにも色々地形の説明はしてもらったはずだがさっぱり、前尾根すら、覚えてなかった。今回地図を見ながら、迷ったりもしたけど、自分で判断したことで大分藤内壁の地形を理解した。しかし、また行って再確認しながら登らないとなあと思う。今年はもう機会はないだろうなあ…。

最後に。間違ってヤグラ沢を登りきっていたら僕はいったいどうなっていたんだろう?

(facebook album)

アジアカップ オーストラリア戦

名勝負だった。

長友からセンタリングが上がり、李がフリーになっているのを見た瞬間、確信した。

オーストラリアは唯一の決定的なミスだったし、そこを決めた日本は強い。実にいやらしい、現実的な戦術をオーストラリアを取ってきた。もうちょっとFWがうまかったらどうなっていたかわからないかっただろう。

藤本が機能していないのはわかっていたが…あそこで岩政投入にほ驚いた。長友を前に出すとはなかなか思い付かない采配だった。

西穂のテントの中でヨルダンに引き分けという結果を見たときにはどうなることかと思ったが、見事な結果だ。

ああ、久しぶりに日本代表のサッカーが楽しくなってきた。こんなに楽しくなるのは10年以上前の話じゃないか。

アジアカップ 韓国戦

何がなんだかさっぱり。

PK戦で勝ったあとは全てがどうでもよくなった。

とにかく審判がひどかった。買収されてんのかと思ったが単に下手糞すぎただけだった。あのレベルで準決勝に出てくるというのがなあ…。パクチソンを筆頭にファウル狙いでわざとぶつかってくるし…。今野のPKはなんでイエロー出ないのか謎だし、日本のPKはコメントのしようがないぐらいひどい。手が当たると笛を吹くが、足には甘い。イエローの基準はさっぱりわからんし、日本のボールなのにアドバンテージを見ない。もうとにかく滅茶苦茶。

試合内容は最後ひどかったが審判が滅茶苦茶だったのでなんとも言い難い。それはそれとして全部下がってバイタルがらあきというのは…難しかったのかなあ…。

いろいろ難しさはあるとはいえDFの不安定さはなかなか良くならない。あと川島。位置取りが微妙とか出るのか出ないのかはっきりしないとかいろいろと不安になってくる。PKを止めたのは偉いが…。なんとかならないのかね。

攻撃はきちんと回ったときはアジアレベルを越えている。あれだけの崩しに対応できるチームはないだろう。決勝が楽しみである。

いや、今日の審判がわけわからなくても投げやりである。

Squeeze countdown

らしくということで。

Debian Squeezeのリリースが間近ということでcountdown バナーを貼り付けてみた。ほんとにリリースされるといいなーって他人事のように言わない。でも残っているRC bug見てもよくわからん…。

HTV-2 打ち上げ成功

速報!

無事HTV-2の打ち上げ成功。

天気がすごくよかった。雲一つない、最後まで追い続けられる空だった。だんだん安心できるようになってきた。すばらしい。

ustreamとP2P中継の2台体制で見ていた。ラグが違うからびみょーな。悪い画質のほうのustreamのほうが早かったからなあ…。

アジアカップ カタール戦

日本は強くなったなー。

昔だったらあんな滅茶苦茶なことになっていたらそのまま試合終了になっていたのに無理矢理ひっくり返す力強さが出てきた。大したもんだ。

吉田は若干アウェーに泣かされた部分はあるが全体にプレーが軽い。セバスチャンが上手いのは確かだがあれぐらいで苦労しているようでは世界では勝てない。もっと成長してください。

川島は落ち着きがない。あんまり安心して見てらんない。本田は体調がよくないのかいまいちなプレーが多い。ちょっとキープがつらそうだった。スピード抜けるタイプじゃないがドリブルが押し倒すようなプレーが見られなかった。そこは残念。香川が復調してきたのもいい傾向。

カタールは監督がいいね。日本の長所をつぶすようにラインを上げて、パスコースを限定して縦に入れさせない。うまいことやっていた。センターバックが穴なのはよくわかっていたがそこをついてきたのもうまい。きちんと後半には息切れしたのと攻撃はセバスチャンまかせというあたりが限界なんだろうけど。たしかに強かったがあんなのは強化というのだろうか。

苦しい態勢でもボールを外に出さない・倒されつつも味方にボールを渡す・肝心なとろですっぽぬけがないというのはいつの間になったんだろう?あきらかにレベルの違うサッカーをやるようになってきた。あとは経験を詰めば…。

metacityでcomposite managerを有効にする

Ardesiaを動かそうとしたら composite manager がないと駄目だと言われた。

Ardesiaを動かそうとしたらcomposite managerがないと駄目だと言われた。Metacityで有効にするには…。gconfで直接編集するしかないのかな?

$ gconftool-2 -s '/apps/metacity/general/compositing_manager' --type bool true

これでいいわけなんだけど…。

unboundにDNSSECを導入

JPRSがDNSSECに対応とかなんとか言っているのでやってみた。

まず注意事項。root anchorの設定を間違えて誤ったroot anchorを導入すると意味がないのでこの記事は信用しないで自分で考えてやりましょう。

では具体的には参考文献そのままだけなんだがその手順を書いてみ る。

Olaf KolkmanによるDNSSECのルート鍵の宣言をダウンロードする。

さてこの文書はGPGで署名されている。その署名を確認しろということなんだが…。当然GPGの鍵を持ってないので公開鍵サーバーから入手することになる。

$ gpg --recv-keys 76092287
$ gpg --verify DS-20100616.txt 

となるわけなんだが…。当然信頼の輪に入ってないこの鍵をどう評価するというところなんだがね…。

思い切ってこの署名を信用して、このファイルに書いてある内容(. IN DS 19036 8 2 ....)を /etc/unbound/root.key に書き込む。ここでその内容を書いたりするとコピペするとか勘違いした行動を招くので書きません。 unbound.confに次の内容を追加。

auto-trust-anchor-file: "/etc/unbound/root.key"

unboundを再起動してdigで確認する。

$ dig @localhost +dnssec ns01.jprs.jp  

; <<>> DiG 9.7.2-P3 <<>> @localhost +dnssec ns01.jprs.jp
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 57450
;; flags: qr rd ra ad; QUERY: 1, ANSWER: 2, AUTHORITY: 4, ADDITIONAL: 9

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags: do; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;ns01.jprs.jp.			IN	A

;; ANSWER SECTION:
ns01.jprs.jp.		85099	IN	A	202.11.17.107
ns01.jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	A 8 3 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. dMULpW3EtGQSH46hJ4yngDKWlgDol6XazcvTJ2xK3VXm8v5/TCikWQVo 3GURO28raW8qYYG8j/Sb52+GITVxOlDlflxHRMvzq89Og4Ps5xL8BB5Z UOIiKLQhCcog1vV3FLWJXo5WNTpDg1B+pxa/dyQnZlxWvKQbGZ2Hhk7I 69E=

;; AUTHORITY SECTION:
jprs.jp.		85099	IN	NS	ns02.jprs.jp.
jprs.jp.		85099	IN	NS	ns03.jprs.jp.
jprs.jp.		85099	IN	NS	ns01.jprs.jp.
jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	NS 8 2 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. nTfPWqGY1UXqqZf0nCxiVXJmlRNrceSpF4k9uOODgOwCg+aijkpfqQMC rfR+MQl7lkKs/g3P1KxfHsvPaVBM2anm5O8u9KfSinvk9ZyVL5NQrka7 C1OYGSuuWqyY3Kw03/xlDB10NCHtgO1D9Xgs/1KS+AmQtn+cuXE+jLW6 cLc=

;; ADDITIONAL SECTION:
ns01.jprs.jp.		85099	IN	AAAA	2001:df0:8:6::10
ns02.jprs.jp.		85099	IN	A	202.11.16.227
ns02.jprs.jp.		85099	IN	AAAA	2001:df0:8:20::10
ns03.jprs.jp.		85099	IN	A	61.200.83.204
ns01.jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	AAAA 8 3 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. DrRI1A2COP8ez1q0CFCw5AF4g+y2WXGv3tqlvLEw1aX/9KhBPUMUTOTQ F/+4rDoNNdaXYLe2zPaNbCohX8H061FljrhSCkax5BQlv9QJD2Uwoum0 iqencziH/nFjFsyhv6DIyK6H/+kV7k3y7jFz0JJI0+1wVaA77SqvER1B 6Bo=
ns02.jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	A 8 3 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. K8uRzX9AVt/ylK51CTKoSY1CoXkXe9BPT3MD0LitUZQ+hVfRa6ENf96n sPBl7pFTkKxYHesAnCp2u1sOm2zp5PjoqY8fktYuj01VRN75l/gNsSxK vTrmhLN8iKWcXhqNJae7CA/JuO85kgvLeh3x/bdyNkmI2b8rgfRinFXn e4M=
ns02.jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	AAAA 8 3 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. DqRdUUwWJTtk6/HL3zRJvh5M7G95KJUbZdSBqyxCth1I+n/OelG9qRz8 AzuQiXNXcUpHs+2Z3WCPVUsLPdgk959KzhWFXW36QSYGnjjAqlYHgdSo znMXGXqBN7a0OcWOVZBSoJXPWN+hJ07bo+y9v/nWJC0HjAMY6n3oE/i7 fvM=
ns03.jprs.jp.		85099	IN	RRSIG	A 8 3 86400 20110217052019 20110118052019 32889 jprs.jp. ncw1ZdBUtzAoF42GkKexomrcYpZne8xMSgRM1dKs0E6G5YAKnGlzX/E2 dXWxPXlYHGggSGjyTZpjQMYhQugNqJHg4eZI2zpmgcXjQPWYf8eXs/WY JDiL82lufXLOpkIbcdBw7jnYZP84GXgTttGFXxl6Bj/qae+gbFKAJRBE QXY=

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 127.0.0.1#53(127.0.0.1)
;; WHEN: Wed Jan 19 10:28:58 2011
;; MSG SIZE  rcvd: 1199
だそうです。flagsにadが立っているのでOK。なんでしょうね。

 

fglrx-glxのshlibの問題

fglrx-glxをインストールしているときにlibGLを使うようなビルドをすると面倒なことに。

fglrx-glxを使っているときに libGL を使うようなパッケージをビルドしようとすると、dpkg-shlibdepsがうまく動作しない。何度もバグ報告はされているようだが根本的な解決はされてないようである。adhocなのかよくわからんが次のようにするととりあえずいい。

echo "libGL 1 libgl1-mesa-glx | libgl1 | fglrx-glx" > debian/shlibs.local

アジアカップ サウジ戦

なぜか不完全燃焼な試合。

結果だけ見れば5-0と文句はないのだが、いかんせんサウジがやる気がなさすぎた。あんだけマークしないでゆるゆるではなあ…。

パススピードはさらに上がっていたな。ダイレクトであんだけ回せるのならついていくのはどこも難しいだろう。ただDFとGKあたりがいまいちなのはなかなかよくならないな。次は西川か川島のどっちが出るのだろう?今日の試合を見た限りでは西川自体は無難だった。

香川は調子がまだ駄目なのかね。惜しいところはあったんだけど。内田の替わりの伊野波はよかった。次戦も大丈夫そうだ。

次戦はカタール。ほんとのアウェーでなかなか楽しみな試合になりそうだ。若干の怪我人は心配だがチーム状態は良くなっていると思う。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 >