RSS

日々のメモ書き

Debian Developerが綴るメモ

九十九商品差し押さえ

どうなることやら

これでは民事再生は無理ですな。今のPCは九十九のBTOでPC買ったのになあ…。ポイントが約2000円分かな。ほったらかしにしておいたのが悪いのだが…。

Plone-3.xに向けて

そろそろPlone-3.xにアップデートしたい。

Quillsがそろそろ3.xに対応できるみたいなので移行のため実験中。migrationがうまくいかない。Folderの中身が空だと認識されているのが非常におかしい。なんでそういうことになるのやら。

いろいろ気になっているのがskinが滅茶苦茶になっていること。整理しないと。いらないProductも問題だな。先が長いなあ…。一度別にインスタンスを作って個々のコンテンツだけコピーしたほうが早いのかもしれない。

冬用ウェア購入

これで冬でも走るぞー

ウィンドブレーク ジャケット・ウィンドブレーク タンクトップタイツを購入。5度まで行けます。アンダーシャツは買ってないけどどうなんだろう。長良川クリテに出るかどうかは微妙。

カタール戦

3-0でめでたい…のか?

地獄への道は善意で舗装されている。

玉ちゃんのシュートはブラジル戦を思い出させた。怪我なくカードなく。

聖域なき犬飼改革

天皇杯でもベストメンバー規定だとか。

犬飼会長は毎日100個のアイデアを出すがそのうち101個は下らない。なんとなくこんな感じ。

レベルの低い内製の理由

金で買えるものを内部で劣化版を作る理由

  1. 教育目的
  2. 内部の人件費だけなら買うより見掛けの上では安い
  3. 頭が悪すぎてので自分たちが頭が悪いことにすら気付けない。その場合言い訳として1が出てくる。

Linuxでルーティングの勉強

LinuxでOSPFなどの勉強をしよう。

NIC2枚挿しPCを集められないのでVMware上で作成する。bridgeネットワークにしておいて eth0とeth0:0に割り振る。

  • lr01 192.168.100.71/24, 172.16.71.1/24, 172.17.71.1/24
  • lr02 192.168.100.72/24, 172.16.72.1/24, 172.17.72.1/24

と作成する。

lr01にquaggaをインストールする。zebra.confをexampleからコピーしてくる。/etc/quagga/daemonも修正してzebra=onにする。これでquaggaが起動する。telnet localhost zebraで接続を確認。vtyshで接続するとまとめて設定できるので便利。そうじゃないとルーティングプロトコルごとにtelnetで繋ぐ必要があるので面倒。

! lr01
router ospf
 network 172.16.71.0/24 area 0.0.0.1
 network 192.168.100.0/24 area 0.0.0.0
! lr02
router ospf
  network 172.16.72.0/24 area 0.0.0.2
  network 192.168.100.0/24 area 0.0.0.0

という感じになる。 互いに172.16.71.1と172.16.72.1にpingが通るにOSPF動かしているルータからルーティング情報を拾ってきたのできっと大丈夫だろう。あとはshow ip ospf interface とか show ip ospf neighbor とかで確かめてみりゃOK。ただeth0とeth0:0はL2で同じところに繋がっているちょっと自信持てない。

次はBGP。基本はASを設定して自分の持ってるネットワークを隣のルータに教えるということか。

! lr01
router bgp 65071
 bgp router-id 172.17.71.1
 network 172.17.71.0/24
 neighbor 192.168.100.72 remote-as 65072
! lr02
router bgp 65072
 bgp router-id 172.17.72.1
 network 172.17.72.0/24
 neighbor 192.168.100.71 remote-as 65071

あとはshow ip bgpとかで確認。

シリア戦

どうでもいいぐだぐだ具合を発揮。

U-19と言いねえ…。協会だけはどんどん悪くなる。川淵会長のころは功罪半ばという評価はできたが犬飼会長になってからは妄言しかない記憶にない。

選手とクラブチームは世界に出ていける段階に到達しつつあるのに協会は後退して行っている。

複数KVMを起動させると

複数のLinuxをKVMで起動させてみた。互いに通信できないのか…。

qemuが分離したネットワークになってしまうのか。

某大学のgrey listing

どーも挙動がおかしい。

前から頭が悪いとしか思えない狂った設定の某大学のgrey listing。さらにおかしな気配がする…。

前からまともにメールが届かなくて不愉快だったんだが、ホスティングで使っているメールサーバからあるドメインへの送信が非常におかしい。届いているんだろうか。そもそも存在しないアドレスに送ってもエラーが帰ってこないってどうなってるんだ? 本当に送れているんだろうか…。まさかとは思うがブラックホール状態だと大変だ。内部の人をつかまえて検証したいところではある…。

TeamWAREの出すお返事メールが変なのでひじょーに挙動が探りにくい。どうなっとんだよ…。

[1  <text/plain; us-ascii (7bit)>]
----- The following addresses have delivery notifications -----
<notexist@post.jimu.XXXXXX-u.ac.jp> (failed: Bad destination mailbox address)
[2 <message/delivery-status (7bit)>]
Reporting-MTA: toffice02 (TeamWARE Connector for MIME v5.x)
Original-Envelope-Id: 87od0n3aij.wl%takaki@asis.media-as.org

Original-Recipient: rfc822;notexist@post.jimu.XXXXXX-u.ac.jp
Final-Recipient: rfc822;notexist@post.jimu.XXXXXX-u.ac.jp
Action: failed (Bad destination mailbox address)
Status: 5.1.1

としか帰ってこない。あのなあ…。

自分の勘違いのような気もするが確信も持てず。散々エラーメールを送りつけていたらホワイトリストに載ったのかね。すぐにエラーが帰ってくるようになった。う〜ん、よくわからない。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 >