RSS

日々のメモ書き

Debian Developerが綴るメモ

タグとかカテゴリとか

タグが意味ないとかいう話が前に聞いていてぼやーと考えていて…。

タグとかカテゴリとかは1:mになっているんだよなと。m:nの対応が作れれば面白いのかなと思うけど。タグをGenetic Linkのようなものにするということかなあと考えて。Ploneで実装できると面白いかなと考えてはいるが…。

今日のDebian Package

2008-05-04

  • stellarium - プラネタリウムですね。夜空を表示してくれる。昼間だと太陽しかないけど。時間を調整していろいろ見えれます。日食も再現しているのか〜。
  • sanduhr - 砂時計をデスクトップに。カップ麺のときに役に立つ。
  • arpwatch - /varlib/arpwatchにarpのテーブルを記録。メールまで送ってくる。
  • arpalert - arpwatchと似ている。

Plone SVN report

2008-01-26

  • r19048 plone.portlet - dndのサポートブランチ

ネットワークエンジニアとして

日に日に馬鹿になっていく気がする。

L3が滅茶苦茶になりつつある今日この頃。

  • RIPはブロードキャスト。OSPFは隣接ルータを指示する。RIPはhorizenがある。
  • Deffie-Hellmanを忘れるなー。適当にやっているのがよくわかる。
  • Ciscoやったことないのはやばい。正確にはやったことがあるが10年以上昔だ。Zebra(Quagga)ってどうなんだっけ。
  • Stevensの本は読み返すこと。
  • NATもポートがどうの?うーん、ハードウェアとかあったしな。NATの通常のトラブルじゃないことは間違いない。
  • GREトンネルってなんだったけ
  • iptablesで全部ログを取ることもあったような。sshのbrute forceを叩き落とすとか。

落ち着いて考えればすぐに思い出せるはずなんだが。 技術的でないトラブル解決ばかり上手くなっていく…。

まとめるとネットワークエンジニアとしてのレベルがどんどん下がっているということ。

djangoとunicodeのメモ

CharFieldとかTextFieldを読み込むとUnicode型で帰ってくる。

aModel.aField.encode("utf-8")とかやらないといろいろエラーになりますとメモ。

RMagickで遊ぶ

RMagickをちょこちょこやってみた。

convert pagoda_sm.jpg -colorspace gray \
\( +clone -tile pencil_tile.gif -draw "color 0,0 reset" \
+clone +swap -compose color_dodge -composite \) \
-fx 'u*.2+v*.8' sketch.gif

require 'RMagick'
require "stringio"
require 'tempfile'
include Magick
def sketch(img)
img.colorspace = Image::GRAYColorspace
img2 = img.clone
d = Draw.new
d.tile = Image.read('pencil_tile.gif')[0]
d.color(0,0, ResetMethod)
d.draw(img2)
img3 = img.clone
img4 = img3.composite(img2, 0, 0, ColorDodgeCompositeOp)
imgl = Magick::ImageList.new
imgl << img
imgl << img4
img5 = imgl.fx('u*.2+v*.8')
return img5
end

img = Image.read('pagoda_sm.jpg')[0]
new_image = sketch(img)
new_image.format = 'gif'
s = new_image.to_blob
File.open('sketch.gif','w') {|f| f.write(s) }

 

となる。

 

AcroTeX

何やら面白そうなパッケージ。PDFのフォーム機能などが使えるようだ。

eformsパッケージしか使っていません。eformman.pdfを流し読みしてみた。\textFieldを使うと文字を入力するフォームが使える。
\usepackage[dvipdfm]{eforms} として読み込んでごにょごにょやると文字の入力ができるPDFの出来上がり。JavaScripと組み合わせるともっと面白いことができるんだと思うけどとりあえずはこんなもん。

reportlab勉強中

reportlabの勉強を開始する。

  • 大きくわけて二つのモードがあると思ってよい。線と文字を配置するモード。文章や表などを適当に流しこむモード。
  • Frameを使うと小さな描画領域が作らると思えばよい。
  • Templateは使う必要はない。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 >