RSS

穂高縦走三日目

南稜テラス 5:30 → 6:30 最低コル → 7:30 涸沢岳 → 8:45 奥穂 → 10:30 紀美子平 → 11:15 前穂 → 14:00 岳沢小屋 → 16:00 河童橋

    付与されたタグ:
  • 登山

本日はいよいよ核心部。3時半に起きる。空気が非常に乾燥している。テントに結露が全くない。昨日びしょびしょに濡れたテントがすっかり乾いている。喉も乾く。朝飯をごそごそと作って…4時半ぐらいからパッキング開始。北穂の小屋にトイレに行って帰ってきたら30分。これだけなんとかして欲しい。朝からぜーはー息が切れるし。小屋では日の出を撮ろと大勢の人がカメラを構えていた。常念の方向の空が赤く変わりだして確かにきれいだが。あまりのんびりと眺めていられないのでそこそこに切り上げる。

いよいよ涸沢岳に向けて出発。北穂の南稜までは登ったことがある。なるほど。ここから降りて行くのかと。そこそこ慎重に,あまり焦らずにと。明瞭なペンキマークをたどって進んでいく。基本はコル目掛けて下る一方…。しかし,ガイドブックに奥壁バンドという難所があるぞとあったが…何の記憶も残らず通過してしまったようだ。このあたり,自分の技量が増したのか,それとも寝惚けていたのか。このあたりで奥穂の方面からすごい落石の音が聞こえておお怖いと周りの人と顔を見合わせる。

後ろを振り返ると滝谷側から登っているクライマーがいておっそろしいところから登ってくるなあと感心していた。そんなこんなで最低コル。最低コルでエスケープしようかと付近の人と冗談を交す。このあたりから奥穂側から来た人も増えてきてすれちがいを気にするようになる。というか目の前で落石起こすなー。亀岩の登りのところで渋滞待ち。しばらくして集団で登りニセ最低コルへ。ここから日本一長いクサリ場らしいが…。なんだか適当に登っているだけだった。落石を起こさないようにだけ気をつけていただけで。なんとなくここが最後の鉄杭のところだろうなというのが見当ついて,あっけなく涸沢岳に到着。拍子抜けだな。結構待機も多かったがコースタイムよりずっと早くに到着。これはちょっと驚く。

穂高岳小屋に降りていき,人込みのなかでしばし休憩。奥穂に向けて登る。最初にハシゴが続くだけであとはだらだら。ジャンダルムに人が大勢いるのが見える。奥穂頂上は人が多すぎた。祠まで行く気になれず。はやばやと去る。

奥穂から歩いてしばらくに雷鳥がいた。結構な人集りになってみんなで写真を撮っていた。冬毛に変わるのか少し白い羽が出ていた。人がわいわいやっているのに我関せずと岳沢のほうを見つめていた。

吊尾根は以外に面倒だな。ところどころの鎖の下りが出てくる。こっちのほうが気を使う。通過が面倒なところがあって,声かけあって,二人通します,しばらく待って下さい,などと交通整理が必要だった。やがて,ここが涸沢の見納めかなというところ。最後にテント村の写真を撮って岳沢側へ完全に入る。遠くから見ても紀美子平には人が大勢見えた。

紀美子平についてからは…特に面白いこともなく。前穂に登る。あまり人がいない北尾根の側に歩いたり,明神岳から来るクライマーが見えたり。ここから1500mの降下か…と決めて下り始める。デポしておいたザックを背負い出発。

重太郎新道はひどいな。いきなり鎖場の連続とはな。そのあとも急な下り。ずっとはるか下の小屋はいつまで経っても近付いてこない。まったくのところ楽しさはなく,ただただ下るのみ。残雪期に一気に谷を下ったほうが早いんじゃないかねとか思ったりはする。西穂の方面でヘリコピターがぐるぐる回っているのが見えて何かの救助だろうか。下るにしたがい繁みが増えだし,やがて樹林帯へ。テントが近くに見えてやっと小屋かよと。そこからもちょっとあるんだがな。

やっと岳沢小屋に到着。なんという人だらけ。ここで水を飲んで。実に脱水状態だ。下りっぱなしで足が痛む。あと一踏ん張りだとさらに下る。多少傾斜は緩やかだがやはり登山道か…。快適というわけではなく。ああ,歩くのが遅いなあと思いつつ。よく後ろから抜かれる。水音が聞こえてきて,話し声がいろいろ聞こえてきて,ああ,やっと戻ってきたか。登山口の看板を見て,ほっとする。しかし,遠いよバスステーション…。この下りはうんざりだ。しかも結構危ないし。涸沢岳登っていたときのほうがよっぽど楽だった。

あとはバスに乗り松本へ…。北穂南稜の登りあたりから結構一緒に歩いていた人が偶然にも同じバスに乗り合わせてそのまま松本までの2時間ぐらい登山談義をしながら帰る。名前も聞かず,どこかの山で会いましょうと言って別れたが,会うことはあるんだろうか。

にしても,考えるよりあっけなくあっさりと終わってしまった。次は西穂〜奥穂なのか?