RSS

アジアカップ オーストラリア戦

名勝負だった。

長友からセンタリングが上がり、李がフリーになっているのを見た瞬間、確信した。

オーストラリアは唯一の決定的なミスだったし、そこを決めた日本は強い。実にいやらしい、現実的な戦術をオーストラリアを取ってきた。もうちょっとFWがうまかったらどうなっていたかわからないかっただろう。

藤本が機能していないのはわかっていたが…あそこで岩政投入にほ驚いた。長友を前に出すとはなかなか思い付かない采配だった。

西穂のテントの中でヨルダンに引き分けという結果を見たときにはどうなることかと思ったが、見事な結果だ。

ああ、久しぶりに日本代表のサッカーが楽しくなってきた。こんなに楽しくなるのは10年以上前の話じゃないか。