RSS

さくらのVPSにDebianをインストール

debootstrapを使ってやってみた。

    付与されたタグ:
  • Debian

大体の考え方としてはdebootstrapでシステムを展開してからごちゃごちゃカスタマイズするという話。具体的には以下のようにやった。

  • まず / パーティションを縮めたかったがresize2fsはonlineでは使えなかったのであきらめた。だけどそんなことであきらめるわけがない。
  • swapが2GBあるのに注目。まずswapをつぶしてext3に変更する。そこに既存のCentOSをcopyする。/etc/fstabを変更して / のマウントを /dev/hda3に変更。次にgrubのmenu.lstを変更する。これも/dev/hda3を / として扱うように書き換える。
  • 無事に /dev/hda3を / として起動できるようになったら次の手順に移る。
  • x86_64用のdebootstrapのrpmをインストールする。
  • /dev/hda2をmkfs.ext3をしたのちに /debian にマウント。
  • debootstrap --arch amd64 lenny /debian http://ftp.jp.debian.org/debian
  • 展開が終了したら chroot /debian をしていろいろ作業する。まず linux-image-amd64をインストールする。そのあと設定ファイルの編集。
  • /etc/hosts /etc/network/interfaces /etc/hostname など。
    /etc/inisttab に  T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 115200 vt100 
    を追加。
     
  • 最後にgrubの設定。
    title Debian
      root (hd0,1)
      kernel /boot/vmlinuz-2.6.26-2-amd64 ro root=/dev/hda2 console=tty0 console=ttyS0,115200n8r
      initrd /boot/initrd.img-2.6.26-2-amd64

    ほんとうはここからいろいろ設定をすることはあるのだがとりあえず満足したのでいい。
     
    D.3. Unix/Linux システムからの Debian GNU/Linux のインストール