RSS

ScalaでDiplomacyの命令解決ライブラリを作成その2

ScalaでDiplomacyの命令解決ライブラリを作成中。撤退フェイズと調整フェイズの実装を行う。Civil Disorderの実装は終わってないが一旦区切りをつける。

DATCの6.J.5-6.J.11を除いてテストのパスを確認した。Civil Disorderの実装は理屈はわかるが無意味にめんどくさいし割とどうでもいいので延期することにした。100%パスですと胸張っていいたいところだがそれは我慢する。

RetreatとAdjustmentはjDipのDATCのテストケースの記述にバグがあって通らないことがいくつか。jDipのテストの実装はどうなっていたんだろう(なんとなく想像できる)。Civil Disorderはテストケースが大丈夫かかなり怪しい気がする。

それはおいといて実装に区切りがついたのでしばらくはコードのリファクタリングを頑張ることにしよう。